母はまた間違いメールをしてきました。心配だなあ

先ほど母からメールがありましたが、父へ送ったのを間違ったようです。年に2,3回あるんですよね。母からの間違いメールが。もう70近いですからね。父へなんかのお礼だったみたいですね。有難うと書かれてましたから。こういったメールならまあいいですけど、場合によってはまずいこともあるから、気をつけてよと普段から言っているのですがまた来ましたね。本名でアドレス票に入っているから、どうしても間違えやすいんですよね。私はそういうところ神経質なので間違いメールは一度もありませんが。いつかまずい間違いをしちゃうんじゃないかって心配しているんですよね。家族だって両親が私のいい話ではないことを母が間違って私に送ったら、ショックですからね。まあその時は間違いメールが来た事を言いませんけど。ただ知られたくないことってあるじゃないですか。家族だけで、他人にはってことが。弟の奥さんなんかに私に送るはずだったのメールを送られたらなんて思うと絶対嫌ですからね。ミュゼ ひげ

地質挿画や化石などについて探究をしていました

地質イラストレーションなどについて学習しました。地質イラストレーションには地層の制限の他、種々の符号を用いてさまざまな地質編制も表現されます。また、地質柱状イラストレーションには地層の厚さ、数々、感触などを記入し、化石が含まれていればその数々や名を記入します。いま、褶曲していない傾いた地層について考えると、地表ことが平らであれば地質イラストレーションに伸びる地層の制限は走向針路にのびた直線になります。しかし、実際の地表ことは起伏を有する結果、地質イラストレーションに生じる地層の制限は粗方、複雑なものになります。次は、化石についてだ。鳥獣の全体、あるいは骨・歯・殻など体の仲間、鳥獣のよし跡やすみかなど、地層や岩石の中に残る過去に鳥獣がいたことを出す拠り所は全額化石とよばれます。鳥獣体躯を構成していた有機物の分子が生じることもあり、それらも化石の1つといえます。このようなことを学習しましたが知らない位置もあったので、時間があるときに復習望むなと思います。ミュゼ予約変更