脳のことと息の地について実習をしていた

脳などについて練習しました。中脳は、生き方を持ちます。眼球のスポーツやまぶたを調節します。小脳はスポーツの加減をし、からだの平衡を持ちます。延髄は肺・咀嚼器・心臓などの臓器のスポーツを調節します。せき髄は、せき髄返照の中枢だ。関節では、筋肉の先端が別々の骨につき、1対の筋肉のどちらかが縮むことによって、手が曲がったり伸びたり行う。次は、咀嚼のしくみについてだ。食道は、かみくだかれた料理を胃に送ります。大腸は、水や無機塩類を吸収します。小腸は、ハートのひだとじゅう頭髪(柔突起)のしくみによって、表面積が何倍にも大きくなり、栄養分を効率よく吸収します。肺の毛細血管には、一年中75〜100ミリリットルの血があり、1分間に約5リットルの血が流れている。呼吸スポーツは、ろっ骨やろっ骨をつなぐ筋肉と横隔膜の行いで、胸腔を広げて行われます。1呼吸で約500ミリリットルの印象が出入り行う。これは、肺の中の印象の約6分の1だ。知らないことばかりでしたが、勉強になりました。